大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【取材日記】サンコー・下泉澄夫さん

投稿日時:2007/10/16(火) 13:09rss

10月上旬、経営者会報本誌連載
『異能経営者がゆく!』(11月号)の取材で、
大阪府四條畷市に本社を構える
サンコー社長の下泉澄夫さんにお話をうかがいました。

常人離れのした、抜きんでた力をおもちの経営者に
お話をお聞きするのがこの連載です。

下泉社長の凄さの一端を、
本誌で記事としてお出しする前に
ちょっとだけご紹介してしまいます。

■株式会社サンコー
http://www.sanko-flexible.com/

下泉さんは、松下電器産業に在職され、
部長職まで務められた方です。
とても元気で明るく、エネルギッシュで
圧倒されました。魅力溢れる社長さんでした。

しもいずみさん

下泉さんは、間に立つ人がいて
ぜひにと請われて松下を早期退職、
2002年の2月、後継者もなく、
業績が悪化していた同社の社長に就くことになりました。
銀行への個人保証も負い、実質すべての責任を負う形です。

企業再建というのは、大企業を見渡しても
うまくいくケースは少ないのが現状です。

よく聞く話では、銀行が主導するケースだと、
自分のところの債権を押さえればよしという感じで、
再建自体にきちんと取り組むケースは少ないようです。

下泉さんは、部長職まで務められたとはいえ、
経営の経験は当然おもちではありません。
しかし、人材育成から営業、経営ビジョンの策定まで、
すべてに全力で取り組まれ、3年で負債を完済。
いまでは売上も倍近くに伸びています。

フレキシブルチューブ(下の写真をご覧ください)の
製造をおもに手がける同社ですが、
200億円市場ともいわれ、
決して大きいとはいえないパイのなかで
ここまで伸ばしたこと自体、素晴らしいですし、
下泉さんの並々ならぬ力量を象徴しています。

しょうひん

その成功の秘訣を一つだけ挙げれば、
やはり社員の方々との絆、一体感を
見事なまでに醸成されたことにあるでしょう。

たとえば、社員の方々のご家族も参加できるイベント。
会社の敷地内での夏祭り、お花見、クリスマス会……と、
下泉さんが企画して、ご自身で社内に張り出すポスターまで作り、
これはいまもご自身の仕事と決めているそう。

夏祭りでは、社員の皆さんがグループに分かれてカレーなどのお店を
開いたり、なんと、奈良の大和郡山から本場の金魚を取り寄せて
金魚すくいのお店も出す。
子供たちは大喜びするそうです。
その笑顔を見た社員のみなさんも元気になる。

同社の経営理念の一つが、「人は会社の宝」
同様のことを掲げる会社は世に沢山あるでしょう。
でも、それを本気で貫いている社長さんは
そのうち、どれほどおられるのか。

下泉さんの場合、
社員の方々のご家族までも「宝」と思っておられるように
お見受けしました。

「ちょっと儲けたからってそれが3年や5年で終わっては意味はない。
社員は30年、40年と勤めるんですから、永続的に繁栄しないとい
けないんです」


そんな人物をトップにいただいたからでしょうか、
社員さんは皆さん、幸せそうな雰囲気でした。

長年、ご自身が一つの会社に勤めていたご経験も
ものをいっているのでしょう。

とはいえ、個人保証までして
中小企業のトップに転じるというのは
尋常な肚のすわりではありません。
掛け値なしに、すごい人だと思いました。

くわしくは、11月1日発売の『月刊経営者会報』11月号
お手に取っていただければと思います。

なお、下泉社長に取材をさせていただくことになったのは、
当経営者会報ブログの会員さんでいらっしゃる
枚岡合金工具社長・古芝保治さんが、
ご自身のブログで下泉社長を紹介しておられたことがきっかけです。

■枚岡合金工具 古芝保治さん
>>>社員のご家族も大切にする松下流経営に感動!

ふだんは、慎重に取材先を選ばせていただいていますが、
古芝さんが太鼓判を押す方なら間違いないと確信して
下泉社長に取材をお申し入れさせていただいた次第です。

下泉さんは、古芝さんがブログで書かれていた通りの素晴らしい方でした。
まさに、プロ野球などで「一流は一流を知る」といわれるのと同様、
「素晴らしい経営者は素晴らしい経営者を知る」のでしょう。

古芝さん、ありがとうございました!
そして下泉さん、素晴らしいお話をありがとうございました!

(編集部・酒井俊宏)



けいかい
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社
http://www.njg.co.jp/

トラックバック一覧

コメント


酒井さん ありがとうございます。

酒井さん ありがとうございます。
まさか、いちブログが酒井さんの目にとまり、
『月刊経営者会報』巻頭記事『異能経営者がゆく!』として発行されるとは、感謝、感激、感動です。

早期退職の余生を、小さな一企業の再生に一生を捧げる
下泉社長さんの生き様は感動ものです。またその独自の
経営マネジメントの事例は、おおくの経営者にとって
為になるものです。
11月号がどのような内容になるかたいへん楽しみです。

下泉さん
酒井さん
出会いとご縁に感謝です。
ありがとうございます。

Posted by 古芝保治 at 2007/10/20 07:45:00 PASS:

コメントありがとうございました

古芝さん
ありがとうございました。
すべて古芝さんのお陰です。甘えてばかりで恐縮ですが、これからも立派な社長さんがいらしたら、ぜひブログでご紹介をお願い申し上げます!

Posted by 酒井俊宏 at 2007/10/24 17:53:00 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
22142565b9a12e79e5f03b672d78b58e.png?1516201836
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

詳細へ

個人プロフィール

『月刊ニュートップリーダー(L.)』(前身は「経営者会報」)編集部にて社長の取材記事を担当。十数年の間に800名以上の経営者に取材、多くの経営者に感銘を受けた経験から、「日本を支えているのは中小企業とその経営者」と確信し、敬意を抱いている。『経営者会報ブログ』サイト編集部員も兼ねる。

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(285)


<<  2018年1月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「勝ち続ける会社をつくる起業の教科書」を参考にさせて頂いて講義を from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    恥ずかしいんですがリユース業の市場がこんなに大きく、それを扱う企業がまた大企業になっていることを、この本を読むまで知りませんでした。 株式会社トレンジャー・ファクトリー、東証1部上場で2017年2月期の売上高が132億円、店舗数142、従業員(正社員)511名、創業以来20年連続増収の会社の代表取締役社長の野坂英吾さん44歳がこの6月に日本実業出版社から、資金30万円から100億円企業を作っ
  • 熊本地震 「餃子の王国」の支援をお願いします。 from ベローズ 案内人
    熊本の双和食品工業㈱の高尾幸子社長さんは、私と同じ当初からの経営者会報ブログの会員さんです。 この双和食品工業株式会社さんの工場も熊本地震の被害にあいインフラが整うまでの間、工場が操業できず、ようやく工場が動くようになったそうです。 それまでの状況...
  • 熊本地震・双和食品工業【餃子の王国】さんを支援願います from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 経営者会報ブログサロンを運営する事務局である日本実業出版社から 連絡が来たのは昨日のことである。 サロン立ち上げ初期の頃からブログで発信し続けておられる 双和食品工業株式会社の高尾幸子社長の会社が被災されたという情報が 回覧されたのだ。 熊本発のネット通販で餃子といえば 双和食品工業株式会社 さんで 熊
  • 「ネジザウルスの逆襲」と「吉田基準」の紹介 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪産業創造館が2013年から始めている、ものづくりの現場で働く若者を取り上げた「ゲンバ男子」が話題になり、幻冬舎から、この12日に40人の若者を紹介した「ゲンバ男子写真集」として発売になります。 我社の若者も紹介されています。 今日はその写真集ではなく日本実業出版社の新刊書2冊、どちらも自社の製品がなぜ売れ続けているのか? その秘密が書かれています。  一冊目は、「e製造業の
  • タビオ 越智直正会長講演 from 次代を創る製造業 特殊変圧器メーカー 治部電機株式会社 代表取締役 治部 健 (じぶけん)日記
     タビオ 越智直正会長の講演に出席しました。 経営者会報ブログ【取材日記】2009年1月19付でも紹介されていました。  現役で経営理念浸透にご尽力されている背景をリアルタ...