大きくする 標準 小さくする

2008年03月31日(月)更新

涯・石原さんがご結婚! おめでとうございます!

大安吉日の3月29日土曜日。
会員さんの社長・石原将一さんが、
めでたく、ご新婦・真弓さんと、結婚式を挙げられました。
おめでとうございます!

私は2次会のパーティーにお招きいただきました。
会場である青山のクラブの入り口には、お二人のイラストとご友人のみなさんの寄せ書きが。

いしはらさんいりぐち

お若い二人ですので、お友達ももちろん若い。
たぶん私が最年長だったかも。

過去の経験上、結婚式の2次会というと、
ただ友人が集まって、お酒を飲んでいるだけだったりします。
本番の披露宴で新郎新婦も疲れているでしょうから、
仕方がないとは思います。

しかし、石原さんだけにそこは違います。
石原さんの音楽仲間のみなさんの演奏に、
感動的な石原さんの奥様へのメッセージ。
楽しく、温かい気持ちにさせていただきました。
“生涯全部真剣”をモットーにしておられる
石原さんらしい会でした。

本当に素敵な花嫁さんですね。お似合いだと思います。
(私のへたな写真ですみません)

いしはらさんおくさん

最後は拍手でお見送り。
どうか末永く、お幸せに!

いしはらさんおみおくり

石原さん、お招きいただきありがとうございました!

■涯 ホームページ >>>
http://www.xgai.jp/
■石原さんのブログ >>>
http://xgai.keikai.topblog.jp/

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
見本誌の無料お取り寄せができます! 試読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/top/otamesi.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月28日(金)更新

【取材日記】モリシマ 深田正雄さん

すでにここで記しました通り、
今週の月曜と火曜、滋賀、京都から名古屋へ。

名古屋では、経営者会報5月号・特集「信念をもって異端の道を歩む」の取材で
モリシマ社長の深田正雄さんにお会いしてきました。

深田さんは、大変スケールの大きな、そしてエネルギッシュなかたです。
老舗の料亭・蔦茂(つたも)の後継者に生まれた深田さんは、
大学卒業後、すぐに渡米し、ホテル経営会社で修業。
日本に戻られてからは、
ホテルオークラに勤務、同ホテルの全国展開に
大きく貢献されます。
しかし、奥様のご実家の服地卸・モリシマ(森島羅紗店)が
経営危機にあったため、跡を継がれました。
それが1983年のことです。
95年には、蔦茂の社長にも就任、
現在、二つの会社を率いておられます。

↓深田さんです。料亭蔦茂の玄関にて。

ふかださん

↓モリシマ社内のショールームにて。店長の伊藤貴志さん。

いとうさん

■モリシマ ホームページ>>>
http://www.mrsh.co.jp/
■蔦茂 ホームページ>>>
http://www.tsutamo.com/

ここでいう「異端」とは、
業界や世間の常識にとらわれずに発想し、それに基づいて意思決定し、
行動することができる──という意味とお受け取りください。

考えてみれば、多くの業績好調な企業はもちろん、
大企業でも、会社を大きく伸ばしていく過程では、
同業者のやらないことに着手してきたでしょうし、
そうした時期に会社を率いたトップのかたは
さまざまな圧力や軋轢に負けない強さをもっていたに
違いありません。

その意味で、異端であるからこそ、成長し、
生き残ることができると言ってもよいでしょう。

深田さんは、モリシマに入社されてから、
新たな販路を開拓。同社で扱うオーダーメイドの紳士服を、
異業種の他社に売ってもらうという戦略に出ます。
それも、ただ単に売ってくれ、ではなく、
きちんと研修をし、関わった人すべてが潤うような仕組みをつくられました。

この研修は、88年から「やる気塾」の名称となり、
参加企業からは、社員にモノを売る喜び、楽しさが身に付き、
モチベーションが上がると大変な好評を博しています。
数十社が参加し、販売イベントは年間100回近くに及ぶそうです。

製造業の現場に携わる人などは、
実際にモノを売ることはないため、顧客目線が身に付きにくい。
それが身に付けば、たとえばモノづくりにも
よい影響があると想像できます。
一方で、同社の社員のかたは、モノを売ったことのない人に、
売るためのノウハウを伝授しなくてはならず、
そのこと自体も自己啓発に大いに役立っているそう。
売上が上がるだけでなく、教育効果まで含めて、
参加した誰もが喜ぶしくみをつくったからこそ、
成功しているのでしょう。

こうした着想を深田さんはどのようにして得たのか。

「最初は、お手上げだという意味で、私がバンザイした
絵を入れた手紙を地元の仲間たちに送ったんです。そう
したらみんな買いに来てくれた。そのうちに、その仲間
うちで『俺にも売らせてくれ!』という声が出始めて。
それからです。だから全然私のアイデアじゃない。周囲
のおかげです。それを素直に受け容れただけ。私どもの
取り組みを異端というなら、異端であるための条件は、
トップに素直さがあるか、という点かもしれませんね」


新しいことに取り組む際には、往々にして、
既存の取引先などとの軋轢が生じます。
やるべきことに気づいていながら、行動できない企業には
そうした事情もあると思います。
しかし、深田さんはこうおっしゃいます。

「そういうのはいっさい気にならない。これは生まれつ
きかもしれません。人になんといわれても自分の人生で
すしね」


素直さと柔軟性がありながら、己の意思を貫く強さをもっておられて、
それらがご本人のなかで、互いに矛盾なく存在しているように
感じられました。

先に異端であるがゆえに生き残る、と書きました。
モリシマさんが社屋を置く名古屋市栄地区は、かつて
繊維問屋が多く軒を並べていたエリアですが、
いま繊維関係で残っているのは同社だけです。

少し離れたところにある蔦茂さんも、
かつては多くの料亭や旅館があったのに、
蔦茂さんのほか、一軒だけ残っていた料亭の
廃業が決まってしまい、
蔦茂さんだけが残っています。

↓蔦茂。婚礼も行われる、由緒ある料亭です。

つたもさん

深田さんは、いま、町おこしのリーダーとしても
活躍しておられます。

取材が終わると、30分以上も時間を割いて、
蔦茂さんや周辺の街々を案内してくださいました。

しかも、蔦茂さんの駐車場の前を通る際は、
システムがわからずお困りのお客さんに
すたすたと歩み寄って話しかける。

「蔦茂の者です! なにかお困りでしょうか?」

あふれんばかりのサービス精神とフットワークには
本当に驚きました。
たぶんお客さんも、まさかこの人が社長だとは
思わなかったでしょう。

そうした姿勢は、実は、ご幼少の頃からのものだそうです。
「異端」の人・深田さんの経営観や人生観がどのように培われたのか、
詳しくは、ぜひ、5月1日発行予定の経営者会報5月号を
ご覧いただきたいと思います。

深田さん、お忙しいなか、
本当にありがとうございました!

なお、「経営者会報に興味はあるが、いきなり購読は……」
とお思いのかたもいらっしゃると思います。
試読もできますので、どうかご利用ください。

■試読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/top/otamesi.htm

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
見本誌の無料お取り寄せができます! 試読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/top/otamesi.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月28日(金)更新

【ブログピックアップ】横山工藝 横山国男さん

「ブログピックアップ」では、
経営者のみなさんの書かれたブログの中から、
お薦めのブログをご紹介しています。

今回のお薦めブログは横山工藝横山国男さんです。
 
 *      *      *


この色紙「一心」は、会社の私の仕事部屋に30年架けてきました。
家宝とかその手のものには縁がありませんが、カナイの父より、創業の際に譲り
受けたものとして、最も大切にしてきました。


■続きはこちら>>>
http://yokoyama.keikai.topblog.jp/blog/10008408.html
■横山工藝 ホームページ>>>
http://www.ykougei.jp/

 *      *      *
 

「澄み切った、一点の疑いのない素晴らしい書」と
横山さんが表現しておられる通り、
本当に見事なものだと思います。

会員のみなさまにも、ぜひ改めてご覧いただきたいと思い、
ピックアップさせていただきました。
 
書とともに、「一心」という言葉も、目にする人にとって、
自分自身の中のなにごとかを突きつけられる言葉のようにも思います。
少なくとも、私は目が覚めた思いが致しました。

横山さん、ありがとうございました!
 

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
見本誌の無料お取り寄せができます! こちら>>>
http://www.njh.co.jp/top/otamesi.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月26日(水)更新

【取材日記】サカエヤ 新保吉伸さん

一昨日と昨日、経営者会報5月号『異能経営者がゆく!』
特集・事例の取材のため、滋賀~名古屋方面へ出張して参りました。

今回、『異能経営者がゆく!』にご登場いただいたのは、
会員さんである、サカエヤ社長の新保吉伸さん。

みなさんご存じの通り、最高級近江牛肉のネット通販で
業界随一の地位を築かれたかたです。

にいほさん

サカエヤさんは、過去、数々の賞を受賞されており、
食品関係のECサイトとして、“魁”といえます。

それ以上に素晴らしいのは、
いちはやくトレーサビリティの問題に取り組まれ、
生産農家のかたたちとともに、
近江牛のブランド価値を上げてこられた点です。

さかえやさん

■サカエヤ ホームページ>>>
http://www.omi-gyu.com/

取材のあとには、同じく会員さんである
京都工芸社長・寺田元さんも合流。
新保さんの運営するお店『右近』と、
その後は、寺田さんの同級生(素敵な女性です)の
やっておられる、魚の美味しいお店へ。
新保さんと寺田さん、お二方とも、
すでにご自身のブログにアップしておられます。

■寺田元さんのブログ >>>
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/126/10008487.html
■新保さんのブログ >>>
http://sakaeya.keikai.topblog.jp/blog/122/10008489.html

寺田さんのブログでは、私はまるで
お肉の取材に行ったみたいですが、
本当に見てにっこり、食べてにっこり、
最高に美味しいお肉でした。
新保さん、ご馳走さまでした!

しかしながら、食事というものは
誰とともにするかで全然美味しさが違ってくるのも事実です。
新保さん、寺田さんという、
気分のいい人たちと一緒だったために
さらに美味しく感じた次第です。
↓ピンぼけしてしまいましたが、ご機嫌の2社長(in だいこくや)

おふたり

新保さんの半生は、まさにドラマの連続でした。
人生に絶望しかけたこともあるそうですが、
不思議と、節目節目で必ず救われたとのこと。

「やっぱり神様はちゃんといて、『こいつは
いよいよ危ないな』と思ったら手を差し伸べ
てくれるみたいです。でもそうやって苦労し
て壁を乗り越えても、またそれより困難な壁
が姿を現わしてくる。その繰り返しですね」


新保さんの一番の自慢は、実はお肉ではなく、
社員のかたがたです。

「普通、友人と会えば、会社の愚痴を言った
りしがちなものですよね。でもうちの社員た
ちは、『こんないいことをしてる』と、会社
の自慢をしてしまうそうです」


そんな社員さんたちを新保さんは
どのようにして育てられたのか。
そして社員さんはなぜ、思わず会社の自慢をしてしまうのか──。

それは新保さんの人生観、価値観の変遷を
抜きにしては語れません。
今回の記事のキモもそこにあります。

詳しくは、5月1日発行予定の
経営者会報5月号をご覧ください!
きっとみなさまの共感を呼ぶことでしょう。

新保さん、ありがとうございました!

そして寺田さん。またぜひ、お付き合いくださいね!

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
見本誌の無料お取り寄せができます! こちら>>>
http://www.njh.co.jp/top/otamesi.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月19日(水)更新

古芝保治さん『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』発刊!

会員のみなさまのブログをご紹介するのが、
「ブログピックアップ」のコーナーですが、
今回は、ブログだけでないご紹介をさせていただきます。

標題の通り、会員さんである、
枚岡合金工具古芝保治さんの著書が
なんと弊社より発刊の運びとなりました。

タイトルは、
『たかが掃除で奇跡のV字回復!
儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』

です。
帯には、「一枚のぞうきんで会社が変わる!」のコピー。

ごみぜろ

これは、経営者会報ブログにご参加くださったことが
縁で始まった企画です。
この経営者会報ブログというサロンから誕生した、
記念すべき初の本でもあります。

会員のみなさまには、すでにメールでお知らせしましたように、
謹呈致しております。きょう明日には、お手元に届くことと存じます。
どうかご一読いただき、感想をブログで綴っていただけたら幸いです。
(その際は、この記事にトラックバックをお願い致します)

古芝さんの矜恃、勇気、事業への思い入れと、
社員さんたちとの相克を乗り越えて生まれた
心の交流……と、読み応えある作品に仕上がっています。
古芝さんの想いが詰まった力作です。

編集担当の河合も丹精込めて、編集にあたりました。
(ちょっと固太りな彼が、少しやせたみたい…)
巻頭には劇画まで入っていて臨場感があり、
3Sに関する枚岡合金工具さんのノウハウも、
図解と写真とイラストでしっかり示していて、
楽しみながら、3Sの要諦がわかるようになっています。
装丁もとても明るく、味のある素晴らしいものだと思います。

この本は、きっと多くの経営者のかただけでなく、
ものづくりの現場で働く人たちすべてのご参考になることと思います。

古芝さんご自身、ブログでご紹介されています。

 *      *      *

14日、本日、日本実業出版社様より
生まれて初の本となる
「たかが掃除で奇跡のV字回復!」
「儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密」
が著者献本用として贈呈いただきました。

表紙デザイン、自身で撮影した3S活動のカラー写真や
序章の前の漫画など素晴らしい出来栄えに感激です。

■続きはこちら>>>
http://hiraoka.keikai.topblog.jp/blog/102/10008336.html
■枚岡合金工具 ホームページはこちら>>>
http://www.digitaldolphins.jp/

 *      *      *

私自身、経営者会報ブログから本が出たということで、
純粋に嬉しく思っておりますし、
それが、こんなに素敵な本だということで、喜びも倍増です。
これから社を挙げて、販促に励んでまいります。

古芝さん、ありがとうございました!

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』 ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月18日(火)更新

【取材日記】戦国マーケティング・福永雅文さん&岡伊三郎商店・岡和正さん

昨日、経営者会報本誌5月号からスタートする
戦国マーケティング代表・福永雅文さんが健筆をふるわれる
『弱者必勝の法則』(仮題)の取材に同席させていただきました。

福永さんは、日本におけるランチェスター戦略経営研究の
第一人者といえます。

ご自身の発行するメルマガは3万部を超え、
多くの会社を戦略面で支援し、
成果を上げておられます。

弊社からも二点、本を出され、どちらもヒットしています。
『ランチェスター戦略「弱者逆転」の法則』
『ランチェスター戦略「一点突破」の法則』

その福永さんの新連載の趣旨は、
中小企業の経営者や自治体などの新たな取り組みを
ランチェスター戦略を切り口にして分析、
読者経営者のご参考に供するものです。

実際、多くの読者経営者にとって、
ヒントと勇気づけ双方でお役に立つと思います。
弊誌期待の新連載です。↓福永さんです。

ふくながさん

■戦国マーケティング ホームページ>>>
http://www.sengoku.biz/

よくよく考えたら、私は自分で取材に回ってはいても、
こうした取材に同席するのは珍しいことです。

福永さんはコンサルタントとしてのご経験に加え、
取材や講演も数多くこなしておられますので、
お話を引き出すのが大変お上手です。
非常に勉強になりました。

相手に共感を示されながらも
必要なポイントを徐々に押さえつつ、
核心に迫っていかれる丁寧な取材は、
及ばずながらも、見習わなくては、
と感じ入った次第です。

今回ご登場いただいたのは、
有限会社 岡伊三郎商店(島根県出雲市)社長の岡 和正さん。
すでに福永さんとご面識がおありで、東京に出張されていたため、
福永さんのオフィスにお越しいただいての取材となりました。
こちらが岡さんです。

おかさん

動物園等でお土産として売られている、
『ゴリラの鼻くそ』というお菓子を
ご存じのかたは多いと思いますが、
製造・販売元が、島根県の同社だということは
案外知らないかたが多いのではないかと思います。

『ゴリラの鼻くそ』──ネーミングこそユニークですが、
中身は国産黒豆を使った薄甘納豆で、大変美味しいものです。

ごりら

■『ゴリラの鼻くそ』 ホームページ>>>
http://www.hanakuso.jp/

岡さんの取り組みを、福永さんがどのように
誌面で分析・展開されるのか、一読者としても大変楽しみです。
詳しくは、5月1日発行(ちょっと先ですが)の
経営者会報5月号をご覧いただければと思います。

ここでは、取材の際に私が感じたことを
記すだけにしておきましょう。

岡さんは、家業の酒小売業から転じ、
奥様のご実家で作っておられた甘納豆を
全国区にしようと努力を重ねてこられました。

地元のマーケットから飛躍して、
全国の動物園に販路を見出し、成功された点が、
まさにランチェスター戦略です。

それを実現しえたのは、商品の魅力もさることながら、
販路開拓に知恵を絞り汗を流された、
岡さんの行動力にあると思います。

福永さんとご面識がおありというのも、
もともと福永さんがメルマガでランチェスター戦略の
サンプルとして岡さんの取り組みを紹介され、
その記事をご覧になった岡さんが、すぐ福永さんに
アポを取られたことから始まっています。

岡さんは、いまも全国を回って、
新たな販路や人脈を開拓しておられます。

「私はお酒が飲めないのもあって、地元の経営者連中とは
あまりつきあいがない。それを指して『あんたは金離れが
悪い』なんて地元の顔見知りの経営者に言われたりします
が、私はそのぶん、飛行機代や新たに出会う人との会食に
お金を遣っている。必要な投資だからですが、見知らぬ土
地へ行ったり、新しい出会いが好きなんです。どんどん遣
います。ケチだなんて、的はずれもいいところ(笑)」

トップの行動力と稀にみるユニークな商品。
同社の成功はある意味、必然だったのかもしれません。

岡さんがフレンドリーな方なので、
私もすぐうち解けることができましたし、
取材のあとは、お茶をご一緒させていただいて、
いろいろ勉強になるお話をしてくださいました。

岡さん、ありがとうございました!

そして福永さん、これからよろしくお願い申し上げます!

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』 ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月17日(月)更新

【取材日記】池田工業 池田裕幸さん

先日、経営者会報4月号特集
『頼りになる経営幹部育成法』の取材で、
愛知県刈谷市の池田工業さんにお邪魔させていただきました。
お相手は二代目社長の池田裕幸さん。

この写真の印象の通り、
大変に真摯で、真面目なかたでした。

いけださん

■池田工業 ホームページ>>>
http://www.ikeda-ind.co.jp/index.html

池田さんは社員教育に非常に
力を入れておられます。
それは五年前、お父上に直談判して
自ら社長に就任する以前から、
以下のような、元請けに依存する自社の体質に
危機感を抱いておられたからです。

「昔は図面通りに作って納めさえすればよかった。
いまは違う。お客さんも当社に何ができるのかを
知りたがっています。強みを磨いて、その強みを
きちんとお伝えして、ご提案までできないと、仕
事は減るばかりです」

同社の教育の特徴は、時期を区切った研修と、
その研修を単なる研修のままで終わらせず、
現実の仕事に落とし込む工夫をしておられる点にあります。

詳しくは、4月1日発行の経営者会報4月号をご覧いただければと思いますが、
そうした工夫と並んで、印象に残ったのは、
池田さん自ら率先して「学ぶ」姿勢でした。

池田さんは寸暇を惜しんで極力、外部の人に会い、
お話を聞くようにしておられます。

しかも、ご自分だけでなく、現在の経営幹部のかたを誘って、
セミナーなどにもよく足を運ぶそうです。
同じ話を聞くことで、経営理念の共有などにも
大いに役立っているのではないでしょうか。

ちなみに池田さんは、社内の応接室兼社長室に、
下のような額を自らしたためて、飾っておられます。
毎年、その年のご自身のテーマを、一文字で
示すのだそうです。

まなび

「成長するにはなにをおいても『学ぶ』ことです。
私自身まだまだ学んで成長しないといけません。
私を含め、経営幹部が成長することが、部下を育
成するうえでの大前提だと思っています」

この社長の姿勢そのものが、社員のみなさんにとっての範となり、
成長を促していくのでしょう。

池田さん、ありがとうございました!

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』 ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月14日(金)更新

【ブログピックアップ】フットマーク 磯部成文さん

「ブログピックアップ」では、
経営者のみなさんの書かれたブログの中から、
お薦めのブログをご紹介しています。

今回のお薦めブログはフットマーク磯部成文さんです。
 
 *      *      *


3月10日といえば東京大空襲、
3月10日と東京大空襲は切っても切れないこととして
母から語り継がれてきました。

父は中国南方の戦地へ、
長男の私は母の実家の長野県玉川村(現在は茅野市)へ疎開、
母は、弟(次男)当時1歳を背中におぶって
堅川(現在の立川)付近の「火の海」の中を逃げ回ったとのことです。


■続きはこちら>>>
(上)http://footmark.keikai.topblog.jp/blog/102/10008288.html
(下)http://footmark.keikai.topblog.jp/blog/102/10008305.html

ふっとまーく
■フットマーク ホームページ>>>
http://www.footmark.co.jp/

 *      *      *
 

どの企業も創業期にはドラマがあると知りつつ、
フットマークさんの創業期は
とりわけ大変なドラマだったのだと思いました。
 
磯部さんには何度か取材もさせていただいていますので、
あらましは存じあげていましたが、
こうして磯部さんの温かい筆致で綴られた記事を読ませていただいて
改めて感動してしまいました。
 
そうです。
人の営みは、きっとこうして続いていくのです。

上下にわたったこの磯部さんのブログ、
会員のみなさまも、ぜひご一読ください。
 

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』 ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月07日(金)更新

テストマーケティング研究所 スタートしました!

再三、メルマガ等でお知らせしてまいりました通り、
さる3月5日水曜日、弊社(=日本実業出版社)会議室で、
テストマーケティング研究所
(マーケティングラボラトリーなので略称は『まーラボ』です)
の第1回ミーティングを開催致しました。

ご出席くださったのは、教育基礎研究所・中川研作さん、
久米繊維工業・久米信行さん、涯・石原将一さんのお三方。
そして事務局数名。

やや急なアナウンスとなったため
(みなさま、申し訳ございません)
参加者多数とはいきませんでしたが、
17時30分からのミーティングは、
熱気のある、楽しくも建設的な場となりました。

まーらぼ

会員さん以外でも、この取り組みに
興味をおもちの読者のかたがおられると思いますので、
ざっくりとご説明します。

これは、経営者会報ブログ会員のみなさま同士で、
月に一度、進行中あるいは企画段階の新商品や新サービスを
相互に俎上に載せていただき、
そのテーマを出された会社に、集まれる人が集まり、
互いに建設的な提案を忌憚なく話し合うというものです。
ものによっては、モニターになっていただき、使用されたご感想などを
企業秘密に触れない範囲でブログにアップしていただきます。

その次の会合では、また別の提案をテーマとし、
前回、テーマを上げてくださった社長さんには、
極力、その後の経過をご報告いただく。
これを基本的に大阪と東京で、それぞれ隔月で実施する──。

いまのところ、そういった流れで考えております。

いうまでもなく、経営者のみなさまは、高い知見と
ご自身の事業に関する豊富なご経験をおもちです。
しかも会員のみなさまは業種もさまざま。
社内で検討し抜いた案であれ、社長さんの中での企画段階のものであれ、
異業種の社長さん同士でアイデアを出し合えば、
思いもしなかった商品・サービスに結びつくのではないかと
事務局では考えました次第です。

目的はもう一つあります。

当経営者会報ブログでは、オフ会など
「経営者のためのサロン」としての機能に力を入れてまいりましたが、
会員のみなさまのご意見を拝聴しまして、
よりフランクな、肩肘を張らずに参加できる交流の場を
ご用意させていただきました。

社内の部下のかたやご家族にはいえない悩みも、
(事業に関しても、個人的なものに関しても)
経営者同士なら、互いに相談し合えることもあると思います。
したがいまして、ミーティングのあとは近場で懇親会、が基本です。

手続きなど、事務的な面と、今後の流れにつきましては、
以下の事務局ブログをご覧ください。

■テストマーケティング研究所 ブログ
・第1回ミーティング詳報はこちら>>>
・概略についてはこちら>>>
・ご利用の手順についてはこちら>>>

さて、この日は第1回目ということもあり、
弊社期待の新商品『聴診器ブックExtra』を俎上に載せました。

ちょうしん

どういったお客様に買っていただけそうか、
だとしたらどのような仕掛け方が考えられるのか、
「モノ+ガイドブック」という複合商品の広げ方として、
他にどんな商品ができそうか、などなど、
みなさまからは貴重なご意見をたくさん頂戴しました。

場所を移して、19時からの懇親会では、
涯の石原社長より検討中の案についてミニプレゼンをしていただき、
事務局も含めてみんなで意見を出し合いました。

私としては、いつもの取材とは、また違った立ち位置で
中川さん、久米さん、石原さんの真摯で、サービス精神にあふれた
数々のご発言をお聞きし、感動すら覚えました。

今後は懇親会だけでも、うちの社員を何人か出席させて、
このすごい人たちに刺激してもらえたら、と思った次第です。

ときに、社員のみなさんへの愛情のお話にもなり、
経営者としての信念のお話に、と話題は途切れず。

ただし、男性ばかりだったために、
少々脱線し、またもや「PY撲滅運動」へと移行したり……。

それも含めて、経営者のみなさまの懐の深さ、
知見の高さ、事業への思い入れの深さに
改めて感じ入った夜でした。

中川さん、久米さん、石原さん、
本当にありがとうございました!

そして会員のみなさま、「テストマーケティング研究所」に
ぜひご参加くださいますよう、お願い申し上げます!

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』 ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

2008年03月06日(木)更新

【ブログピックアップ】逸品 森本繁生さん

「ブログピックアップ」では、
経営者のみなさんの書かれたブログの中から、
お薦めのブログをご紹介しています。

今回のお薦めブログは、新たにご参加くださった
オンラインショップマスターズクラブ(運営=合資会社逸品)の森本繁生(しげお)さんです。
 
 *      *      *


弊社ではノウハウを勉強するだけでなくて「実践しよう」という趣旨で、
勉強会を「実践会」と呼んでいます。

北海道、東北、関東、静岡地区、中部、
北陸、信州、関西、中四国、九州と
現在10の地域でエリア分けしておりますが
今回は信州実践会で松本に参りました。

信州はこじんまりとした会合ですが、
その分一人一人に濃いアドバイスと討議ができます。


■続きはこちら>>>
http://morimoto.keikai.topblog.jp/blog/110/10008198.html
■オンラインショップマスターズクラブ ホームページ>>>
http://www.osmc.ne.jp/

 *      *      *
 

すごい方が参加してくださいました。
森本さんは、オンラインショップ運営に関して独特のノウハウをもっておられます。
 
森本さんの主宰する「オンラインショップマスターズクラブ(OSMC)」には
600名以上の会員さんがいて、
森本さんはそのノウハウを惜しみなく提供しておられます。

この日の記事にも書かれている通り、全国を行脚しておられますので、
森本さんの鋭い観察眼を通して示される
ご当地レポート的な記事も楽しみですね。
 
なお、森本さんは
経営者会報ブログ会員の京都工芸・寺田元さんからのご紹介で
入会してくださいました。

このご縁で、森本さんには、経営者会報4月号で
オンラインショップで成功する秘訣についての記事を
掲載させていただくことにもつながりました。
 
寺田さんも、森本さんとのこれまでのお話をご自身のブログでご紹介しておられます。
以下のURLでぜひご覧下さい。
 
寺田さん、素晴らしいかたをご紹介くださり、
本当にありがとうございました! 
 
■寺田さんのブログ『森本氏との出会い』
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/126/10008174.html
 
森本さん、これからどうか、よろしくお願い申し上げます!
事務局及び編集部一同、精一杯、お手伝いさせていただきます! 
 

(編集部・酒井俊宏)



けいかい083
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』 ご購読はこちら>>>
http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら>>>
http://office.keikai.topblog.jp/blog/10006133.html
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
http://www.njg.co.jp/

20141009bnr.jpg

会社概要

詳細へ

個人プロフィール

『月刊ニュートップリーダー(L.)』(前身は「経営者会報」)編集部にて社長の取材記事を担当。十数年の間に800名以上の経営者に取材、多くの経営者に感銘を受けた経験から、「日本を支えているのは中小企業とその経営者」と確信し、敬意を抱いている。『経営者会報ブログ』サイト編集部員も兼ねる。

詳細へ

<<  2008年3月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「勝ち続ける会社をつくる起業の教科書」を参考にさせて頂いて講義を from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    恥ずかしいんですがリユース業の市場がこんなに大きく、それを扱う企業がまた大企業になっていることを、この本を読むまで知りませんでした。 株式会社トレンジャー・ファクトリー、東証1部上場で2017年2月期の売上高が132億円、店舗数142、従業員(正社員)511名、創業以来20年連続増収の会社の代表取締役社長の野坂英吾さん44歳がこの6月に日本実業出版社から、資金30万円から100億円企業を作っ
  • 熊本地震 「餃子の王国」の支援をお願いします。 from ベローズ 案内人
    熊本の双和食品工業㈱の高尾幸子社長さんは、私と同じ当初からの経営者会報ブログの会員さんです。 この双和食品工業株式会社さんの工場も熊本地震の被害にあいインフラが整うまでの間、工場が操業できず、ようやく工場が動くようになったそうです。 それまでの状況...
  • 熊本地震・双和食品工業【餃子の王国】さんを支援願います from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 経営者会報ブログサロンを運営する事務局である日本実業出版社から 連絡が来たのは昨日のことである。 サロン立ち上げ初期の頃からブログで発信し続けておられる 双和食品工業株式会社の高尾幸子社長の会社が被災されたという情報が 回覧されたのだ。 熊本発のネット通販で餃子といえば 双和食品工業株式会社 さんで 熊
  • 「ネジザウルスの逆襲」と「吉田基準」の紹介 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪産業創造館が2013年から始めている、ものづくりの現場で働く若者を取り上げた「ゲンバ男子」が話題になり、幻冬舎から、この12日に40人の若者を紹介した「ゲンバ男子写真集」として発売になります。 我社の若者も紹介されています。 今日はその写真集ではなく日本実業出版社の新刊書2冊、どちらも自社の製品がなぜ売れ続けているのか? その秘密が書かれています。  一冊目は、「e製造業の
  • タビオ 越智直正会長講演 from 次代を創る製造業 特殊変圧器メーカー 治部電機株式会社 代表取締役 治部 健 (じぶけん)日記
     タビオ 越智直正会長の講演に出席しました。 経営者会報ブログ【取材日記】2009年1月19付でも紹介されていました。  現役で経営理念浸透にご尽力されている背景をリアルタ...