大きくする 標準 小さくする
次ページ

2008年05月30日(金)更新

【取材日記】ソウル紀行(6)

このソウルレポートも今回が最後です。
少々長くなりますが、駆け足で記していきます。

●韓国一の書店

ソウルで一番売り上げる書店さんが教保文庫(キョボムンコ)です。
ワンフロアですが、2700坪を超えますので、
なかなかのスケールです。

■教保文庫 紹介記事 >>>

ソウル一の繁華街・明洞(ミョンドン)からも歩ける、
光化門(クァンファムン)というエリアにあります。
われわれも何度か足を運びました。

しょてん

このベストセラーのコーナーを境界に、輸入書コーナーがあります。
およそ4分の1は、日本の出版社が占めており、
韓国の人々の日本への関心の高さがうかがえます。
在ソウル日本人のお客が多いからでもあるでしょう。

弊社の本も並べていただいています。

しょてんに

●多種多彩な街、ソウル

ソウルはさまざまな顔をもつ都市です。
たとえば、いまの李大統領がソウル市長時代に推し進め、
2002年にスタートして2年ほどで完成した
国際的にも評価の高い、清渓川(チョンゲチョン)再生プロジェクト。

下水と化し、メタンガス爆発などの事故も起きていたという清渓川に
漢江から水を引いて浄化。約6キロの流域には遊歩道も設けられ、
市民の憩いの場、観光名所となりました。
ここがその源流(地表に水が出る意味で)地点です。

かわ

こうした近代都市的な面と、
南大門市場(下の写真)や東大門市場に見る
雑駁な賑わいとのギャップ。

いちば

一般の住宅は、煉瓦造りの家が多く見られました。

いえなみ

米軍関係者が多く居住し、
各国の大使館なども多い梨泰院(イテウォン)も面白い街でした。
東京でいえば、六本木から広尾界隈というところでしょうか。

革製品のオーダーメイドを手がけるお店が沢山あって、
10日程度の滞在なら、十分に仕上がるスピードと質の双方で
評価が高いそうです。

いておん

綺麗な街ですが、こんな面白い屋台もあったりします。
怪しいお面まで売っていて、さながら世界一小さな「ドンキホーテ」。

どんき

ソウルタワーにも行ってきました。
高いところは実は苦手なのですが、同行K支店長に逆らえず…。

たわー

ロープウェーから。
ろーぷうぇい

残念ながら焼け落ちてしまった南大門は
こんな囲いで覆われていました。

なんでもん

●徹底してクルマ優先

さて、日本と韓国の違い、というよりは
東京とソウルの比較でしかないかもしれませんが、
以下、ソウルで感じた特徴的な面を記します。

正直、街自体、歩行者の便宜がはかられているとはいえません。
歩道橋などはまず見当たらず、横断歩道も少ない。
そのぶん、地下道があって反対側に渡ることはできますが、
車いすの人などは大変だと思いました。
車いすに乗った人は、5日間でたった一人しか見ませんでした。

運転も総じて荒っぽい、というか、歩行者に譲らず、
歩行者のほうがクルマに対して譲る感じです。
私たちの泊まった江南地区は、新開地ということもあって、
とくにその傾向が顕著でした。

しかも道路が渋滞し出すと、バイクが歩道を平気で走る。
そのためか、歩道に敷かれた煉瓦ブロックはぼこぼこになっています。
私はよく躓きました。

自転車も滅多に見かけません。
ロードレーサーに乗った人はたまにみますが、
いわゆるママチャリ的な自転車で流して乗っているような人は皆無。
ちなみにいうと、犬を連れて散歩している人も、
数えるほどしか見ませんでした。

自転車をみかけない代わりに、
地下鉄では、東京よりはるかに「オモニ」の数が多い。
純粋に商売などのために出かけているという感じでした。

●街でみかけた不思議なもの

日本ではまず見ないオブジェもたまに見かけます。

これは一体……。

おぶじぇ

不思議だったのは、地下鉄の構内の自販機。

お菓子やティッシュはわかりますが、
なぜか避妊具まで売っているのです。
どこの駅にもまったく同じ品揃えで置いてありました。

じはんき

かと思えば、これも絶句。
かの「R25」とは無関係、らしいですが……。
どなたか教えてください。

えむにじゅうご

さて、韓国の人々の色彩感覚は、日本人のそれより、だいぶ派手です。
あるいは日本人が地味なだけかもしれませんが……。

ビジネスマンのネクタイの色は老若問わず、
ショッキングピンクやパステルブルー、さもなければ原色に近い青や黄色。
だから日本のビジネスマンは、すぐ見分けがつきます。

日本であれば、風俗街でしか見かけない色のネオンが輝いていても
ちゃんとしたレストランだけが入っているビルだったりする。
これもちょっとした驚きでした。

●大らかで温かい韓国の人々

韓国人は、総じて親切で温かい人たちだと思います。
道に迷って訊ねれば、みなさん一所懸命に教えてくれる。
反日感情のようなものも、まったく感じられませんでした。

どう見ても南方系の私より、大陸・半島系のルックスをしているK支店長は、
ぱりっとした印象もあって、逆に韓国の人からよく道を聞かれていました。
自分を指さし、「イルボン(日本人)、イルボン」と言っても、全然気にせず、
話しかけてくるのです。

しかも、いったん打ち解け出すと、親密になる度合いが早い感じがします。
どこか緊張感の抜けない日本人と違って、リラックスしているような……。
バスで乗り合わせた御老人もそうでした。

つまりは大らかなのでしょう。いわゆる「ケンチャナヨ精神」で、
だから道路が多少でこぼこしていても気にしない。

カニサハムニダとアニョンハセヨ以外、よく使った韓国語といえば、
「メッチュ、チュセヨ」(ビールください)
「ソジュ、チュセヨ」(焼酎ください)
「ヨンスジョン、チュセヨ」(領収証ください)
くらい。
もう少し、言葉を覚えて行けば、
もっと多くの人と親密になれたのにと
いまさらながら後悔しています。

このレポートの最初に韓国の印象を
「ラフでディープで繊細」と書きました。
技術で先端を行き、活気もありながら、
一方でアジア的な牧歌感が漂う国。

その幅の広さ、深さに感じた魅力は、帰国して10日を経たいま、
私のなかで、より増している気がします。

(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月30日(金)更新

【ブログピックアップ】トレンド・プロ 岡崎充さん

「ブログピックアップ」では、
経営者のみなさんの書かれたブログの中から、
お薦めのブログをご紹介しています。

今回のお薦めブログはトレンド・プロ岡崎充さんです。
 
 *      *      *


今日から公開できる範囲で、岡崎塾3期生の就活終了宣言を
発表したいと思います。

1、2期生の動画もありますが、今年から各塾生の生の声を
web2.0的にYou Tubeで動画配信します。

トップバッターは、岡崎塾3期生リーダーK君です。


■続きはこちら >>>
■トレンド・プロ ホームページ >>>

 *      *      *
 

「岡崎塾」で学ぶ学生さんたちには、
オフ会や「一問百答」などを通じて、経営者会報ブログに
リアルとウェブの双方でご参加いただいています。
Kさんをはじめ、みなさん、前向きで優秀な学生さんです。
 
自分の学生時代を思い起こすと、
とてもここまでの真剣さで、就活をしていたか、
はなはだ心許ないものがあります。

社会に出たときの初心に返る意味でも、
これからの塾生のみなさんの「就活終了宣言」を
拝見したいと思っております。

(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月30日(金)更新

【取材日記】ソウル紀行(5)

いうまでもなく、
日本と韓国はある期間、“一つの国”でした。

どういう意図があってのことなのか(だいたい想像はつきますが)、
中学や高校の日本史の授業では、そのあたりは
妙に駆け足で進み、あるいはトバされ、
学校できっちり教わった記憶というのが
私にはありません。ほとんどの人が同じ思いでしょう。

戦前の日本を評価しようが批判しようが、
なにが起きたかを知らなくては、
どのようなスタンスであれ、取りようがありません。

私の場合、歴史に興味があって、
高校生くらいからは近現代史の本に目を通してきました。
日本が統治していた時代の朝鮮半島は、おそらくこうだったろう、
という自分なりの考えは固まっています。

そんな私ですので、せっかく韓国へ行けるのだから、
日本統治の痕跡や、巷間いわれるほど、韓国の人たちに「反日感情」があるものなのか、
それやこれやを少しでも体感したいという思いを、
無意識に抱きつつ、歩いていた面もあります。

これは、日本統治時代、1925年竣工のソウルの旧駅舎。
造形的にも素晴らしいものでした。
東京駅の赤煉瓦駅舎と似ています。

そうるえき

誰の手による設計かは、東京駅の設計者・辰野金吾とする説と
同時代に辰野を支えて活躍した塚本靖とする説があるそうです。

●戦前派の御老人と出会う

パジュブックシティへ視察に行った帰途のバスの中で、
個人的には、この旅のハイライトといえる出会いがありました。
戦前の日本の教育を受けた御老人と出会ったのです。

みなみさん

バスに乗り込んだ際、
運賃箱にお金を入れたときに出たお釣りが自分のものと思わず、
放ったらかしに通り過ぎた私に、身振り手振りで
「あなたのものだよ」と示してくださったのが、
前のほうに座ってらした、この御老人でした。

思わず頭を下げると、御老人は笑みをたたえながら、
ご自分の隣の空席を指しつつ、
「シッダウン」とおっしゃいます。
素直に従うと、御老人の口から、ゆっくりとした口調の綺麗な日本語が。

「日本からいらしたのですか?」
「お仕事はなにをなさっていますか?」

そんな質問に答えていくうちに、だんだん打ち解けてきます。

「日本では老人を大切にしていますか、敬っていますか?」

そう思い、行動している人は沢山いると思いますが、国や政治家からはあまりそういう姿勢が伝わってきません……と答えると、

「そうですか。韓国も同じですね」

御老人は、日系企業の石油関係のプラント建設の現場で長く働いておられたそうで、
中東などへも行かれたといいます。リタイア後は投資などで成功されたとのこと。
あとでお年をうかがうと、79歳。
15歳まで日本の教育を受けたことになります。

真面目に働かれたことを証明するような、
節くれだった手をしておられました。

しばし世間話のようなかたちで話をするうち、
よければ、名刺をください、と言われ、お渡ししました。

「酒井さん、ですね。私は南(ナム)と言います。日本式に
ミナミと呼んでください」

かなり打ち解けた気がした頃合いで、私は次のような質問をしてみました。

「日本人や日本のことをどう思っておられますか? お嫌いですか」

御老人はすぐ笑って首を横に振りつつ、こう答えました。

「日本人だから嫌いなんてことはない。韓国人だって日本人
だっていい奴がいれば悪い奴もいる。それだけのことだよ」

そのあと、御老人はぽつりとこうおっしゃいました。

「……酒井さん、日本にサムライはいまもいますか?」

ハートやマインドという意味でなら、そういう人はいます……と答えてから、
「戦前はそういう日本人はたくさんいたのですか、学校の先生とか」と訊ねると、
遠くを見る眼差しで何度も頷いておられました。

そのうちに、「名刺をもう一枚ください」と言われ、お渡しすると、
御老人は、そこにご自宅の電話番号を書いてくださいました。

「私の家のほうは魚が美味しいんです。美味しいどぶろく、
マッコリね。美味しいどぶろくがあります。今度また韓国
へいらっしゃることがあったら、必ず連絡をください。歓
迎しますよ」

なんだか、鼻の奥がつんとしてきて、
泣きそうな気分になりました。

御老人はこんなこともおっしゃっていました。

「日本の男は真面目なのはいいですが、細かすぎる。もっ
と大らかに生きたほうが幸せなのではないですか。お酒も
ね、こんな小さな器で(と、お猪口の形をつくって)飲む
でしょう。私ら韓国人は、どぶろくをこういうどんぶりで
ぐいっと飲む。最高ですよ。何杯も飲んで、そのうち、首
ががくっとするまで飲む」

そう言いながら、なんとも楽しそうな様子で、
がくっと首を前に傾ける。

最初に掲載した写真は、このやりとりのあたりでご本人に許可を得て、
撮らせていただいたものです。

最後は終点でともにバスを降り、握手をして別れました。

一緒だったのは、30分ほどの間でしたが、
2、3時間ほどにも感じられ、忘れられない思い出になりました。
あるいは韓国滞在中、最も濃密で、貴重な時間だったかもしれません。

いつかまた、韓国を訪れる機会があったら、
必ず御老人のお宅を訪ねてみるつもりです。

(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月29日(木)更新

【取材日記】ソウル紀行(4)

「たった5日の旅で何がわかる!」と
お叱りを受けるかもしれませんが、
このあたりで、韓国の文化や街のこと、日本との違いなど、
私なりに感じたままを書いていきます。

●とことん唐辛子

これは、安くておなかがいっぱいになるというので
若者たちに人気の軍隊鍋(プデチゲ)です。
この鍋を食べさせるお店は、
それこそ無数にありました。

なべ

プデチゲは、朝鮮戦争時、米軍の持ち込んだスパムやソーセージを
ネギやトッポギ(餅)、唐辛子、野菜キムチと一緒に煮込んだのがルーツとされ、
ネーミングもそこに由来します。
いまではインスタントの麺を入れるのが定番になっています。

二人でビールを2本頼んで、ご飯とキムチがついて、
勘定が21000ウォン(日本円で2000円そこそこ)くらいでしたから、激安です。
味もなかなかいけます。えらく辛かったけど……。

それにしても、彼の地の人たちの唐辛子の消費量は
すごいものがあります。
偶然、CMのロケ現場などにも出くわしましたが、
スタッフとおぼしき人たちは、
朝から例の唐辛子たっぷりの「辛ラーメン」のカップ麺を
一斉にすすっていました。
日本ならおむすびやサンドイッチを口にするところですが、
見た目の迫力・活力という点では、“朝から辛ラーメン”のほうが上回っています。

唐辛子自体は16世紀末、日本経由で
朝鮮半島に渡ったというのが定説だそうです。
それ以前の型のキムチは日本の漬け物に似たもので、
いまも伝統的な韓定食のお店では口にすることができます。
どうして、これほどまでに唐辛子が定着したのかは諸説あり、
決定的な説はないようです。

実は、金浦空港を出て初めて地下鉄に乗ったとき、
車内のキムチ(というよりニンニクかもしれませんが)の
匂いに少なからず驚きました。
人が多ければ多いほど、匂いが増す、
人々の体内から、たちのぼるような感じです。

日本でも羽田空港の構内は醤油くさい、といった声を聞くこともありますが、
それは、構内のお店の調理場や料理そのものの匂いのように思います。

食べ物の話になったついでに、
帰国前夜に行った焼肉屋さんでの模様を少々。

日本の焼肉屋さんと違い、店員さんが焼き上がるそばから
ハサミで肉をチョキチョキ切ってくれるので、
食べること・飲むことと談笑に集中できます。

ちなみに韓国伝統の焼肉は、鉄鍋で焼く、いわゆるプルコギであり、
炭火やガスで直に肉をあぶるのは戦後の日本で
在日朝鮮系の人が始めたスタイルだそうです。
ハサミを使い、炭火であぶるこのお店のスタイルは
日韓融合型、といえましょう。

にく

にくに

サンチュ、キムチ(日本のよりおおぶりに切ってある)と重ねたうえに
焼き上がった肉を載せ、丸めてほおばると、それはまさに至福のときです。
焼いたニンニクも、ばりばりとかじりました。

お見苦しい絵で申し訳ありません。
満ち足りた(呆けた)顔の私と、
肉のエキスが全身に回り、ファイヤー状態の柏木支店長、です。

にくとわたし

にくとけいし

そんな次第で、帰国する頃には、地下鉄に乗っても
さほど、匂いが気にならなくなっていました。

あちらのものをがんがん食べているうちに、
私自身、同じ匂いを発するようになったからでしょう。

いろいろ記すつもりが、また食べ物で終わってしまいました……。
続きはまた明日、書くことにします。

(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月28日(水)更新

【取材日記】ソウル紀行(3)

ソウル滞在3日目の5月15日は、
パジュブックシティへ。

ソウルの中心部から、
地下鉄とシャトルバスを乗り継いで
約1時間の郊外・坡州市(パジュ市)にある、
出版社や印刷会社、物流会社が数百社レベルで本拠を置く、
出版業界各社の一大集積地です。

50万坪近くあると聞いて、想像はしていたものの、
実際、足を運んでみて、そのスケールの大きさに驚きました。

■紹介記事 >>>

ぱじゅ

1989年に計画が始まり、ある程度、竣工が済んだのは
2004年。まだ完成していない棟もたくさんあって、
いまも開発の途上にあります。
それだけ大きなプロジェクトだったといえます。

ぱじゅに

ぱじゅさん

造形的にも面白い社屋が沢山建っています。
建築家がそのワザを競う場でもあります。

もちろん韓国出版界でも、
さまざまなデータをウェブを通じてやりとりをするようになっていますし、
計画がスタートした時点とは状況も変わっているでしょう。
ここまで業者が集積しているメリットがどれだけあるか、
正直、疑問を感じなくはありません。

ただ、自然環境のよいところで仕事をするというのは、
そこで働く個々人にとっては心身ともによい作用があると思います。

実際、私たちが朝9時すぎ、シャトルバスで向かう高速道路は
すいすい流れていましたが、
逆方向のソウル方面へ向かう道路は大渋滞。
パジュブックシティへ通勤する人たちが、
そうした人の流れと逆に向かうパターンで通っているとしたら、
日々、満員電車で通勤する身として、ちょっと羨ましくありました。

この日の夕刻には、
翻訳などで当社と取引のある韓国の出版社の方と
お会いする機会がありました。

そこでお聞きしたことを少し、記します。

韓国のビジネス書のトレンドは、
「ストーリー化」と「イラスト化」だそうです。
つまり、同じ内容でも、小説仕立て・漫画仕立てにして
ストーリーを楽しみながら、自然に知識が身に付くような本が
好まれているのです。
かつて売れたビジネス書を
そうした作りにリメイクする動きも増えているそうです。

ちなみに彼の地では「スラムダンク」や「ワンピース」など、
日本の漫画が若い人たちに大人気と聞きます。
そうした流れもあっての傾向でしょうか。

日本では、一時ほど、ストーリーや漫画仕立てのビジネス書は
見なくなりましたが、作りとしては、
本を開いた際、やはり視覚的に圧迫感のない
ゆったりめの組み方のものが売れています。
もちろん、ある主張がきっちりないと読者にアピールはしないのですが、
作り自体は、“軽く”なっているといえます。

個人的な推測として、そうした現象の陰には
大きく2タイプの読者層の存在があるのではないか、
と思っています。

まず、ふだん本をあまり読まず、ネットなどで情報を収集し
本を読むにしても、なるべく手軽に内容を把握したいという人たち。
もう一つは、積極的に本は読むものの、忙しさのあまり
常にスピーディに内容を把握したいという人たち。

これも推測ですが、日本でも韓国でも、ビジネスマンのマインドが
総じて「せっかち」になっているのかもしれません。

そうした顧客の志向の変化に合わせ、
サービス・商品を変化させていく意識が製作側には必要といえます。
もちろん、どんな商売であっても同じことがいえるわけで、
出版界に限った話ではありませんが……。


さて、ソウル市街でスズメの次によくみかける鳥が、このカササギです。
徳寿宮の塀に止まっていました。
ソウルの「市鳥」にもなっています。なかなか美しい。

かささぎ

次回以降は少し柔らかく、ソウルの人や風俗面について
感じたことを記してみたいと思います。


(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月26日(月)更新

【取材日記】ソウル紀行(2)

5月14日~18日までソウルで行なわれたブックフェア。

私たち一行は14日と16日の両日、
視察して参りました。
駆け足でご報告します。

■前回記事はこちら >>>

会場となったのは、COEX(韓国総合展示場)。
幕張メッセやマイドーム大阪などをご想像いただければと
思います。

ぶっくふぇあいち

下は会場前の街並みです。洗練されています。

ぶっくふぇあに

オープン日の昼には、出展する出版社の経営者が参加しての
セレモニーがあり、新聞社やテレビ局も取材に来ていたようです。

せれもに

韓国国内の出版社が多数を占めていましたが
日本などアジア諸国や欧米諸国の取次や出版社のブースも
目立ちました。
とりわけにぎわっていたのは、
やはり中国の出版社各社が集まったブースです。

ちゅうごく

ブースそのものも、他国のそれよりスペースが大きく、
あちこちで翻訳などの商談とおぼしき絵が見られました。
チベットなど人権問題を抱えながらも、
やはり北京五輪を控えて、注目度のレベルが違いました。

ちなみにこの時点では、
四川の大地震があれほど甚大な被害をもたらしているとまでは
報道されていませんでした。
たぶん最終日あたりでは、違った雰囲気になっていたかもしれません。

こちらは、いつもお世話になっている
トーハンさんのブース。
映っているのは同行の柏木支店長です。

とーはん

私どもの本も置いていただいています。
目録も……。(右端のもの)

ほん

もくろく

お話を聞かせていただいたトーハン海外事業部の阿部友子さんによると
私どもの本への韓国の出版エージェントの関心は高く、
用意していただいた目録の減りはこの日、一番だったそうです。
嬉しくなりますね。

雑誌編集担当者としては、ついこのコーナーに
足が向います。

ざっし

成功者にスポットを当てたとおぼしき雑誌は
全体に占める比率としては、
日本より多く出版されているような印象をもちました。
当然といえば当然ですが、
李明博大統領が表紙を飾っているものが目立ちました。

さて、これはおまけです。

さかいの

なんとタイトル(体裁からして、たぶん)が「SAKAI」。
いったい何の本なのか。

たしかマレーシアのブースだったと記憶していますが、
意味がおわかりのかたがいらっしゃいましたら、
お教えください。
装丁の雰囲気からしては、
あんまりハッピーそうな内容ではないような気も……。

明日以降は、あちらの出版社のかたにお聞きした、
ビジネス書の傾向などについて、
ご紹介していきたいと思います。

(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月23日(金)更新

【取材日記】ソウル紀行(1)

すでにお伝えしたとおり、先週の13日から17日まで、
ソウルで行なわれたブックフェア視察のため、
韓国を旅していました。

当社のグループ企業であるエヌ・ジェイ出版販売の
名古屋支店長・柏木とずっと一緒の行程で、
彼が学生時代に韓国を旅した経験があるため、
ずいぶん助けてもらいました。

初めて訪れた韓国は、“深い”国でした。

あちらの出版社のかたにお聞きした出版事情。
そして、独特の食文化。
道行く人のいでたちや生活上のルール、慣習の日本との違い。
偶然、戦前派のおじいさん(79歳)とバスで隣り合わせに座り、
しばらく日本語で会話をしたりと(あとで詳しく書きます)、
目にするもの、出会う人、すべてが新鮮な体験でした。

盛りだくさんでしたので、何回かに分けて、
レポートをアップしていきたいと思います。

■土俗村のサムゲタン

旅を通じての食事のなかで、ナンバー1に挙げたいのが
土俗村(トソッチョン)というお店の、この参鶏湯(サムゲタン)です。
滋味深く、一口ごとに、自分の中に力が湧いてくる感覚がありました。

さむげたん


まるやき
こちらは同じお店の若鶏の丸焼き。これも最高でした。

実は出発前、食のプロであるサカエヤ新保さんが、拙ブログに
「絶品だからぜひ行ってみて」とコメントを入れてくださっていたのです。

新保さん、ありがとうございました。
ほんとに絶品でした!

お店のたたずまいにも、そうとうの風格がありました。

とそっちょん

■土俗村の紹介記事 >>>

なにをおいてもまず行きたいお店だったのですが、
もちろん仕事で行っていますので、
行きたい、行きたいと思いながら、思うように動けず、
ようやく訪れることができたのは帰国の前日。

楽しみにしていただけに、感激もひとしお、でした。

■ラフでディープで繊細

さて、旅を終えた印象として、韓国を短く表現するなら
「ラフでディープで繊細」。
繊細で、ある面では先端を行き、しかも活気がありながら、
ある面ではアジアらしい、どことなくのんびり感も漂う国。
その幅が、日本よりもずっと広いと感じました。

街の雰囲気は、車が左ハンドル、右側通行ということもあって、
アメリカのそれを思わせます。
とくに、われわれが宿を取った江南地区は
外壁が煉瓦の家が多く、全体に赤茶けていて、
どことなく、昔行った、ロサンゼルスを思い出しました。

まど
ホテルの窓から。

みち
ホテル前の通りにて。

繊細さ、の面では、たとえば携帯電話などは
たいがい日本のそれよりもはるかに小さく、
若い人たちはそれで苦もなくメールを打っています。

地下鉄の構内でも道端でも、
私が会社から預かった海外使用可能な携帯電話を使っていると、
「この男はなんでこんなでかい携帯を使ってるのか?」
という雰囲気の目線をしばしば感じました。

あるいは私の顔を見て、
「この男の眉毛はなんでこんなに濃いのか?」
と思っていただけかもしれませんが……。

タクシーも、黒塗りの「模範タクシー」
(通常のタクシーよりも割高だが厳しい審査をパスした運転手しかおらず、安心できる)
に乗ると、運転席には携帯が二つ(私物と会社支給か?)に
日本のそれよりも小さいカーナビ。
もちろん無線もあって、それが綺麗に整理されているので、
ジェット機のコックピットのようです。
こういうあたりは日本よりもずっと進んでいる感じです。

一方で、乗っていた地下鉄が急に停電でストップして、
下ろされたり(でも、他のお客さんはさして驚いた風もない)。
ソウル駅のすぐそば、日本でいえば、有楽町か東京駅の真ん前に当たるエリアですが、
そんな場所で、人の好さそうなオモニが、むしろを敷いてトマトを売っていたりします。

とまと

うーん、実際に書いてみると、
書きたいことが山ほどありますね。

きょうはこのくらいにしておきます。

それから、同じ時期に、オーサカ・ユニーク田路さんも、
ソウルにいらしたのですね。
みなさま、ぜひ田路さんのブログをご覧ください。

■韓国の旅(1) >>>
■韓国の旅(2) >>>

(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月23日(金)更新

【ブログピックアップ】涯・石原将一さん

「ブログピックアップ」では、
経営者のみなさんの書かれたブログの中から、
お薦めのブログをご紹介しています。

今回のお薦めブログは石原将一さんです。
去る5月21日に同社で開催させていただいた
「テストマーケティング研究所」通算3回目のミーティングの模様を
綴ってくださいました。
 
 *      *      *


感謝!!!!!
感無量!!!!

等身大の株式会社涯でおもてなしが出来ました!!!


■続きはこちら >>>
■株式会社涯 ホームページ >>>

 *      *      *
 

涯のみなさまは、
気合いの入ったお揃いのTシャツで参加者を迎えてくださいました。
この石原さんのブログだけで、
当日の盛り上がりは読者のみなさまに十二分に伝わることと思います。
 
念のため、「テストマーケティング研究所」とは、
会員のみなさまの新サービス、新商品を俎上に載せていただき、
業界や立場を超えた人たちが互いに善意で、意見を出し合う
建設的で前向きな研究の場です。
 
石原さんや涯のみなさまをはじめ、
参加されたトレンド・プロの岡崎充さん、
同社のインターン生・寺田恵也さんに福岡秀明さん……。
本当にありがとうございました。
 
多くのかたがたのご協力のおかげで、
この取り組みの一つの完成形を見た思いがしましたし、
単に商品開発にとどまらない、相互の勉強の場になると確信した次第です。

なお、拙ブログ事務局ブログでも当日の模様をアップしています。
どうかご覧ください。

(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月22日(木)更新

テストマーケティング研究所 in涯さん 大盛況!

昨日、株式会社さんで、東京では2回目(通算3回目)となる
「テストマーケティング研究所」ミーティングを開催させていただきました。

前回の懇親会の場で、
社長の石原将一さん自らプレゼンしてくださった、
同社期待の新サービス「絵顔王」が今回のテーマです。
ウェブを通じて、質の高く味わいのある似顔絵を発注できる、優れたサービスです。

えがおう

■株式会社涯 ホームページ >>>

この「絵顔王」のセールスプロモーション、新たな用途などについて、
活発で前向きなご意見がたくさん出て、大いに盛り上がりました。

写真中心で綴っていきますが、
すでに石原さんご自身が当日の夜のうちにアップしておられました(早ッ!)。
まずこちらをご覧ください。

■石原さんのブログ >>>

石原さんの冒頭のご挨拶のあとは、
このプロジェクトの中心メンバーである同社の佐藤猛さんから
ご説明をいただきました。

佐藤さんが人前でプレゼンされたのは初めてだったと
あとで知らされてびっくり。
堂に入った、そして熱のこもった素晴らしいプレゼンだったと思います。
思えば、この時点で、この日のミーティングの盛り上がりは
決まっていたのかもしれません。

さとうさん

その佐藤さんのTシャツの背中には「生涯全部真剣」の、
同社のキャッチフレーズが。
社員のかたはみなさん、このTシャツをお揃いで着用。
エネルギーが伝わってきます。

さとうさんせなか

参加者のみなさまの声に“真剣に”耳を傾ける石原さん。

くめさん

おかざきさん

同社では、絵顔王のイラストの入った名刺を作成しています。
石原さんは、社員さんのイラスト入り名刺全員分を常に携行しておられます。
下の写真のようにして、出先で話材にされるそうですが、
これはかなりインパクトがありますね。

めいし

実は石原さんが名刺を携行しておられるのは、
半分“お守り”のような感覚だそうです。

「これを持ち歩いていると、バカなことはできません(笑)」

夜は懇親会。(トレンド・プロの岡崎さん=右=と石原さん)

おかざきさんと


おーくぼ

業種や立場を超えて、仕事に一途な人たちが集う、
素晴らしい夜でした。

これは絶対くせになります。

石原さん、涯のみなさま、岡崎さん、トレンド・プロのインターン生の寺田さん、福岡さん……
ありがとうございました!

そして、会員のみなさま。
事務局一同、この「テストマーケティング研究所」に力を注いで参ります。
どうか引き続きのご協力を、お願い申し上げます!

なお、事務局ブログでも、昨日の模様をアップしています。
こちらもどうかご覧ください。

■テストマーケティング研究所 「絵顔王」in 涯さん >>>

(編集部・酒井俊宏)



けいかい5
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2008年05月15日(木)更新

【ブログピックアップ】オーサカ・ユニーク 田路俊章さん

「ブログピックアップ」では、
経営者のみなさんの書かれたブログの中から、
お薦めのブログをご紹介しています。

今回のお薦めブログはオーサカ・ユニーク田路俊章さんです。
 
 *      *      *


すばらしいゴールデンウィークを 清流と新鮮な空気と新鮮な野菜満載の山村で

家族で過ごしました。場所は岡山の西粟倉村でした

友人は、大企業を早期に退職して 奥さんとお母さんの3人で農業と老人ホームの仕事で

自然な生活・・



■続きはこちら >>>
■オーサカ・ユニーク ホームページ >>>

 *      *      *
 

ゴールデンウィーク中の思い出をアップしてくださいました。
 
田路さんは、ことし1月にご参加いただいてから、
なんと58回も記事をアップされています。

聖書の教えを経営に活かしておられる田路さんのブログを、
みなさまもぜひ、ご覧ください。

(編集部・酒井俊宏)



けいかいごがつ
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

詳細へ

個人プロフィール

『月刊ニュートップリーダー(L.)』(前身は「経営者会報」)編集部にて社長の取材記事を担当。十数年の間に800名以上の経営者に取材、多くの経営者に感銘を受けた経験から、「日本を支えているのは中小企業とその経営者」と確信し、敬意を抱いている。『経営者会報ブログ』サイト編集部員も兼ねる。

詳細へ

<<  2008年5月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「勝ち続ける会社をつくる起業の教科書」を参考にさせて頂いて講義を from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    恥ずかしいんですがリユース業の市場がこんなに大きく、それを扱う企業がまた大企業になっていることを、この本を読むまで知りませんでした。 株式会社トレンジャー・ファクトリー、東証1部上場で2017年2月期の売上高が132億円、店舗数142、従業員(正社員)511名、創業以来20年連続増収の会社の代表取締役社長の野坂英吾さん44歳がこの6月に日本実業出版社から、資金30万円から100億円企業を作っ
  • 熊本地震 「餃子の王国」の支援をお願いします。 from ベローズ 案内人
    熊本の双和食品工業㈱の高尾幸子社長さんは、私と同じ当初からの経営者会報ブログの会員さんです。 この双和食品工業株式会社さんの工場も熊本地震の被害にあいインフラが整うまでの間、工場が操業できず、ようやく工場が動くようになったそうです。 それまでの状況...
  • 熊本地震・双和食品工業【餃子の王国】さんを支援願います from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 経営者会報ブログサロンを運営する事務局である日本実業出版社から 連絡が来たのは昨日のことである。 サロン立ち上げ初期の頃からブログで発信し続けておられる 双和食品工業株式会社の高尾幸子社長の会社が被災されたという情報が 回覧されたのだ。 熊本発のネット通販で餃子といえば 双和食品工業株式会社 さんで 熊
  • 「ネジザウルスの逆襲」と「吉田基準」の紹介 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪産業創造館が2013年から始めている、ものづくりの現場で働く若者を取り上げた「ゲンバ男子」が話題になり、幻冬舎から、この12日に40人の若者を紹介した「ゲンバ男子写真集」として発売になります。 我社の若者も紹介されています。 今日はその写真集ではなく日本実業出版社の新刊書2冊、どちらも自社の製品がなぜ売れ続けているのか? その秘密が書かれています。  一冊目は、「e製造業の
  • タビオ 越智直正会長講演 from 次代を創る製造業 特殊変圧器メーカー 治部電機株式会社 代表取締役 治部 健 (じぶけん)日記
     タビオ 越智直正会長の講演に出席しました。 経営者会報ブログ【取材日記】2009年1月19付でも紹介されていました。  現役で経営理念浸透にご尽力されている背景をリアルタ...